マスクをつけている医者達

気をつけたい人

少子高齢化が進むことで医療福祉施設で医療従事者が活躍する機会が増えてきています。
特に看護師は、一般病院やクリニック、老人ホームなど、様々な施設からの求人が多くあります。
しかし、看護師は病棟では24時間患者さんをケアする必要があることや、身の回りの世話など肉体労働であり、楽な仕事とは言えません。
このような看護師にとって、仕事への意欲がわいてくるのは、患者さんが治療を受けて元気になる姿をみることと答える人が多いです。
なぜなら、日々の医療行為や身の回りの世話などにより、患者さんの状態が良くなることで、仕事での達成感を感じることや、コミュニケーションなどを通して看護師自身も元気をもらっているからです。

このように、患者さんが治療を受けて元気になるということは、患者さん自身だけではなく、その家族や医療従事者にも喜ばしいことです。
しかし、中には治療を拒む患者さんも少なくありません。
その理由は、治療への苦痛が嫌であったり、医療行為を受けずに寿命を受け入れたいなど様々なものがあります。
また、人間ドックや健康診断で異常を指摘されたにも関わらず受診しないような場合は、受診するのが億劫であったり、自分の健康を過信しているというようなことが理由として挙げられます。
このように治療を受けずに体の状態が悪くなることを待っている患者さんでも、死を目前にするとその思いが覆ることもあります。
医療行為を受けることによって、苦痛が緩和されたり治ることもあるので、受診や治療を受け入れる方が賢明と言えます。