マスクをつけている医者達

生活習慣の影響

体は絶妙なバランスで成り立っている。
このため、少しずついろんなところが不具合を起こしてくると、何が根本的な原因であったのかが分からなくなることがある。
体のバランスを保っている部分といえば、脊椎である。
背骨は24個の骨で形成されており、そのバランスが保たれていることで、激しい運動を可能にし、人間にいろんな動きをさせることができるのである。
しかし、この24個の骨の一つがずれてしまうと、内部に通っている神経を圧迫することになる。
ふとしたことでこうしたズレは起こりやすいものなので、この脊椎に関する病気は様々ある。
共通しているのが、神経が圧迫されていることによる手足のしびれである。

頸部脊柱管狭窄症はこの脊椎に関する病気であるが、症状が頚椎椎間板ヘルニアにも似ている。
このため、正確な治療をするには、背骨のどこに異常が生じているのかを確認する必要がある。
体の中を調べるには、レントゲンでは詳しいことを調べることはなかなか難しい。
これを調べるには、MRIやCTといった、精密に体の中を調べることのできる機材を使って検査することになる。
神経の正確な状態はこうした機材でしか映しだすことができないが、MRIやCTは使うのに予約も必要で、検査前に準備も要る。
こうしたいろんな手段を使っても、頸部脊柱管狭窄症を根本的に治すには、やはり生活の改善しかない。
手術を行い、痛みを取り除くこともできるが、日常生活でとっている姿勢や生活習慣を改善しなければ、また痛みを生じさせてしまう。


こんな痛みがある

手足にしびれや痛みが出ておりそれが続いている場合は、頸部脊柱管狭窄症を疑う。首が痛くない場合は、腰部の脊柱管が狭窄していることも考えられ、どちらにせよ整形外科などで診断・治療しなければ治らない病気である。

気をつけたい人

運動をしている人には腰のヘルニアが多いということはよく知られているが、実は運動をあまりせず、同じ姿勢をとり続けている人も頸部脊柱管狭窄症になりやすいといわれている。

手術の方法

頸部脊柱管狭窄症は、痛みが生じるため、痛み止めが処方される。根本的な治療をするためには、手術もあるが、こうした内服薬や内臓の負担を減らすなどの総合的な治療が必要となってくる。